スポンサーサイト

--年--月--日
拍手する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Adobe、FlashオーサリングソフトをiPadに対応させると発表

2010年01月28日
拍手する
Adobe Systemsは1月27日、「Adobe Flash Professional CS5」をAppleが発表した「iPad」に対応させると発表。
「Adobe Flash Professional CS5」は複数のスクリーンサイズ、解像度に対応するアプリを開発する機能が既に備わっており、iPad向けのアプリを作成できるようになっていますが、さらにFlexフレームワーク(コードネーム:Slider)を準備しているということです。
Flexワークフレームとは、iPad向けのアプリ開発をさらに容易にするためのものです。

また、現行のFlash Professional CS5で複数のスクリーンサイズ・解像度に対応するアプリを開発するための方法をブログで紹介。

iPadに向けて色々な展開が出てきそうですね。
第1印象はただの巨大なiPhone/Touchじゃん。いらねwwwと思ったんですが、情報が集まってくると「ちょっと面白いかもしれない」と思い始めました。
そんなに高くないし、とりあえずWiFi 64Gを購入することにしました。また無駄使い? しょうがないガジェットマニアだしwww
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。