スポンサーサイト

--年--月--日
拍手する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Thunderbird 3」正式公開

2009年12月10日
拍手する
2年半ぶりのメジャー・アップデートとなるオープンソースのメール・クライアント・ソフト「Thunderbird 3」が正式公開されました。
対応OSはWindows,Mac OS X,Linux。日本語版はMozilla Japanのサイトからダウンロードできます。
私の場合、なんでもかんでもApple製という意識はなくて、使いやすければいいという感じなので、何でも試しています。さああたらしいThunderbirdはどうでしょうか・・・。
【Thunderbird 3の主な新機能】
・新開発の検索エンジン「Gloda」
 MozillaではThunderbird2と比較して30倍以上検索を高速化したらしい。

・メッセージのタブ表示
 Webブラウザのタブのように,複数のメッセージをタブ表示

・メールアカウント設定ウィザード
 Mozilla のプロバイダデータベースに含まれるプロバイダであれば,名前,メールアドレス,パスワードさえ入力すればメールアカウント設定を行うことができるようになった。

・添付ファイルの付け忘れ防止
 メッセージの作成中に「添付」,「attachment」などの単語が入力されたときに情報バーを表示して必要なファイルを添付するよううながすようになった。

・メッセージアーカイブ
 選択したメッセージを年別のアーカイブフォルダへ移動して保管できる。

・ワンクリックアドレス帳
受信したメッセージのヘッダに表示される星印のアイコンをクリックするだけで,差出人を新しい連絡先として追加できる。

・署名エディタ
 自分の署名を「アカウント設定」画面で直接編集できる。

・アドオンマネージャ
 拡張機能やテーマなど数百種類のThunderbird用アドオンを,管理画面から直接検索してインストールできる。

・Gmailとの統合強化
 IMAPでGmailを使用したとき,タグや特別なフォルダを通常のフォルダと同じように扱える。

・Windows,Mac との統合強化
 Windows 7およびVistaの検索機能を使用してThunderbirdに保存されているメッセージを検索できる。Macでは,「Apple Mail」からの移行,OS付属の「アドレスブック」や「Spotlight」検索の使用が可能になった。

等々新機能も盛りだくさん。興味ある人は試してみては?
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。