スポンサーサイト

--年--月--日
拍手する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Snow Leopard Tips 011 スクリーンショットの範囲指定方法

2009年11月19日
拍手する
Mac OS Xでは、[コマンド]キー+[シフト]キー+[3]キーで全画面のスクリーンショットを、[コマンド]キー+[シフト]キー+[4]キーで範囲指定をかけたスクリーンショットを撮る(画面のキャプチャ)ことができます。最初本当にこれが分からなかったのですが・・・
このうち範囲指定スクリーンショットは、他のキーと組み合わせることでさらに指定の仕方を変えることができます。
ほかのキーとの組み合わせは次のとおり。[コマンド]キー+[シフト]キー+[4]キーを押したあと、それぞれのキーを押すことで指定方法を変更できます。
その1
[オプション]キーを押しながらドラッグ→マウス位置を中心として選択範囲を拡大
その2
いったんドラッグしたあと、マウスボタンを離さずに[シフト]キーを押しながら再度ドラッグ→横幅あるいは縦幅を固定して範囲を指定
その3
いったんドラッグしたあと、マウスボタンを離さずに[スペース]キーを押しながらドラッグ→指定した範囲の大きさを変えずにその範囲を移動させる
その4
いったんドラッグしたあと、マウスボタンを離さずに[スペース]キーを押し、さらに[シフト]キーも押しながらドラッグ→範囲指定のまま縦か横に位置を固定して移動
その5
[コマンド]キー+[シフト]キー+[4]キーを押したあと、ウインドウのうえにマウスポインタを置き[スペース]キーを押す→そのウインドウで選択する。これはよく使います。
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。