スポンサーサイト

--年--月--日
拍手する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone OS3.1でのJailBreak前準備

2009年09月11日
拍手する
iPhone OS3.1が噂どうりリリースされました。私はいまだにOSは3.0です。3.01にするとJailBreakで行っているカスタマイズが面倒だったので、あげてません。
で、3.1はどうかというと・・やってみようかなぁと・・・
しかし、ちょっと問題があります。
新しいOSではECIDを使ってインストールが正しいかを判定しています。「ECID」とはiPhone 3G[S]の端末情報の事です。(その個体によってECIDはそれぞれ異なります)
その情報はiPhoneを復元する際にiTunesとAppleとの間でやりとりされるファイルの事です。これがJailBreakにとっての足かせになります。
cydia000.png
が、Cydiaがアップデートされて、この情報を保存してくれるようになりました。アップデートすると左記の画面が表示されるはずです。


これはいったいなにかというと・・・SaurikがiPhone OS 3.1のJailbreakをする際の対策として、各個人の「ECID」をSaurikのサーバに保存るよ。ということなんですねぇ。

Jailbreakの際、サーバとJailbreakツールがやりとりして改変IPSWファイルをiPhone 3G[S]にインストールする事が可能になるかも知れないということです。このツールが何かはまだ分かりませんが・・

なので上記画面にある「Make my life easier,shanks!」をにタップしておいた方が良いかもです。タップすることによってiPhone 3G[S]のECIDがsaurikのサーバにアップロードされ保存され、その情報を元に改変IPSWのインストールが可能になりそうです。

cydia001.png
タップ後は左記の画面のようになっているはず。画面上部に小さくThis iPhone 3G[S] has an ECID SHSH on file.と表記されます。

Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。