スポンサーサイト

--年--月--日
拍手する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画像に埋め込まれたGPSデータをMapで表示する

2009年04月25日
拍手する
CocoaSlideShow(無料)はドラッグ & ドロップで登録した写真をスライドショー表示してくれるビューワーで、写真以外の画像でも使えて便利。フォルダ指定により、画像形式のファイルを全て登録することもできるようになっています。
ccs00.png
インストールはダウンロードしたファイルを任意のフォルダに移動するだけです。
登録した画像がGPSの位置情報を保持していた場合、Google Mapsに切り替えて表示する機能もあります。
ccs01.png
GPS情報は、複数の写真を選択すれば、1つのマップ上に複数のマーカーを表示してくれる。

他に便利な機能として、ExifのユーザーコメントやIPTCのキーワードをCocoaSlideShowから簡単に編集できます。この情報はSpotlightで検索できるので、キーワードを使ってタグのようにデータを管理することも可能になっています。

iPhoneで撮った写真ならすぐどこで撮ったか分かります。
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。