スポンサーサイト

--年--月--日
拍手する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OSX Tips021 TimeMachineの特定バックアップを消す

2009年04月07日
拍手する
Time Machineでは、バックアップ先に指定したハードディスクの空き容量が少なくなったときは、古いデータから順に自動的に削除していきます。
でも不要とわかっている画像やデータまでバックアップされてバックアップ先の容量が圧迫されていることもあります。
そんな時には不要なバックアップデータを消してしまえば、空き容量を増やせます。
Time Machineは特定のデータについて、現在から過去にわたるすべてのバックアップデータを一括して削除できる様になっています。知ってましたか?
tim01.png
Time Machineを起動したら削除したいバックアップデータを選択し、ウィンドウの「アクション」ボタンのメニューから「すべての(ファイル名)のバックアップを削除」を選択すればOKです。
tim02.png

特定のデータのバックアップを消去したい場合はデータを選び、アクションメニューから「すべての“ファイル名”のバックアップを削除」を選びます。
バックアップファイルはクイックルックで中身を確認することもできます。
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。