スポンサーサイト

--年--月--日
拍手する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OSX Tips012 rootのパスワード設定

2009年03月21日
拍手する
ちょっとスーパーユーザーモードにする必要があって、ターミナルからsuを実行してパスワードを入れたら・・・??? Sorry???? ななななあああああんで?
そういえば・・・スーパーユーザーのパスワード設定したっけかな?あれ?やばい!パスワードがわからん!!わすれたのか?記憶がない~~~。
で、冷静に考えるとやっぱり設定した覚えがない。
てことは、新たに設定すればいいのか?と、いうことでsudoを使って再設定し、解決しました。ちとあせりました。
以下設定方法(xxxxxはユーザーによって変わります)
1.xxxx-xxxxx:~ xxxxxx$ sudo passwd root
上記のコマンドをターミナルで打ち込み、Returnを押すと以下の注意文が表示されます。
WARNING: Improper use of the sudo command could lead to data loss
or the deletion of important system files. Please double-check your
typing when using sudo. Type "man sudo" for more information.
To proceed, enter your password, or type Ctrl-C to abort.

まあ、簡単に言うとsudoコマンドに対して危険な使い方をしようとしてまっせ。下手をするとデータぶっ飛びまっせ。それでもよければパスワードを入れてちょうだいってこってす。
気にせずにパスワードを思いっきり入力します。ここでのパスワードはアプリをインストールするときによく入力する、自分で設定したパスワードです。
注:入力するパスワードは表示されません。
2.Password:
入力したらReturnを押してください。
Changing password for root.と表示されます。

次にrootでのパスワード設定になります。設定するパスワードを入力します。
3.New password:
同じパスワードを入力します。
4.Retype new password:
これで完了。
xxxx-xxxxx:~ xxxxx$ su
Password:

で見事にスーパーユーザーモードに切り替わりました。
sh-3.2#

何が書いてあるか全く分からない!という方は危険なのでやらない方が身のためです。
このモードでは簡単にシステムおよびデータを破壊することができます。
まあ、私の備忘録と思ってください。
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。