スポンサーサイト

--年--月--日
拍手する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップルのCOO、Macネットブック“構想”の存在を示唆

2009年02月19日
拍手する
[2009年2月18日 COMPUTERWORLDの記事より]
米国Appleの幹部と最近会談したアナリストによると、同社はMacネットブックの投入について、いくつかの“構想”があることを示唆したという。米国Sanford C. Bernstein & Coのアナリスト、Toni Sacconaghi(トニ・サコナギ)氏は最近、Appleの最高執行責任者(COO)を務めるTim Cook(ティム・クック)氏、最高財務責任者(CFO)のPeter Oppenheimer(ピーター・オッペンハイマー)氏、マーケティング・チーフのPhil Schiller(フィル・シラー)氏の3人と相次いで会談した。クック氏はSteve Jobs(スティーブ・ジョブズ)氏が休職中の現在、CEOの業務を兼務している。
サコナギ氏によると、クック氏は、iPhoneの価格改定、新しいスマートフォン・ハンドセットの提供計画とともに、ネットブックについていくつかの“構想”が存在することを示唆したという。ASUS、Acer、Dell、HP、MSIなどのメーカーが、より小型・軽量で通常10インチのディスプレイを搭載したノート型デバイスで成功を収めていることから、Macネットブックが投入されるのではないかと噂されてきた。現在のところ、Appleの最小・最軽量ノートPCは「MacBook Air」である。
 ASUSは先週、景気後退にもかかわらず、昨年同社がEee PCネットブックを490万台販売したことを明らかにしている。
 ネットブックは、処理能力が比較的低くアップグレード性も限られる一方で、価格がより低く設定されているのが一般的だ。
 しかし、Appleの最小・最軽量ノートPCであるMacBook Airの価格は1,271ポンド以上とかなり高額で、Macネットブック成功に必要と思われる水準からはほど遠い。
 Appleは以前、iPhoneのことを、移動中に電子メールとWebサーフィンができるネットブックだと述べたこともある。
 なお、サコナギ氏は、「新しいiPhoneが、異なる価格設定・価格水準で今年投入されることを、一連の情報が指し示している」と述べるとともに、早ければ来月にも新しいApple iMacが、また今夏には新しいApple iPhoneが投入されると予想している。
 同氏は、来年にはAppleの株価がS&P 500社を凌ぐレベルになるとの見方も示している。

新型iPhoneがNetBookに近づくのか???なんにせよ夏くらいまでには話題商品がでてきそうですね。
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。