スポンサーサイト

--年--月--日
拍手する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップルとAT&Tに新たな訴訟--「iPhone」のMMS機能が火種に

2009年08月31日
拍手する
消費者をだましてiPhoneですでにMMSが利用できると信じ込ませたとして、AppleとAT&Tが訴えられた。同様の訴訟がほかにも起こされており、今回は2009年8月で少なくとも3件目。

InformationWeekが最初に報じたオハイオ州における訴訟によると、顧客は「iPhone OS 3.0」がリリースされた2009年6月17日からMMSが利用できると告げられた。
。Wiredの8月28日の記事でも、AT&Tはこのスケジュールを認めている。

オハイオ州北部地区連邦地方裁判所に提出された訴状の中で、原告のDeborah Carr氏は、AppleとAT&Tが一般大衆を欺き、「iPhone 3GS」でMMSを送受信できると信じさせたと述べている。

Appleのウェブサイトに、MMSのサポートは晩夏にAT&Tから提供されることを説明する注記があったことを認めているものの、文字が小さかったのが問題となった。

なんだこれは・・・まあアメリカらしいけど。こんなことくらいで訴える労力があほらしいと・・・。
スポンサーサイト

OSX Tips040 TimeMachineのスケジュールを変更してみよう

2009年08月30日
拍手する
LeopardのTime Machineは、機能のON/OFFとボリュームの指定、バックアップを除外するフォルダの指定程度しかカスタマイズができません。
特定の日だけ実行したり、1日1度だけ決まった時刻に実行したり、といった設定には対応していません。

そこでフリーウェアの「TimeMachineEditor」をつかってみましょう。(Snow Leopardでも動作します)
calendar_intervals-1.png
バックアップ実行のサイクルを日 / 週 / 月単位で指定できるほか、特定の曜日のみ1時間単位で実行するといった標準機能にはない設定が可能になります。

Snow Leopard 互換性リスト

2009年08月29日
拍手する
互換性のリストを表示しているサイトを紹介しておきます。
どうも変だ・・と思ったら確認してみてはいかがでしょうか?

Snow Leopardをインストールしてみた

2009年08月29日
拍手する
snowl0.png
早速Snow Leopardをインストールしてみた。
所要時間は50分くらいで、その間自動再起動を2回ほど繰り返して終了。
ファイルおよび設定は全部引き継がれて全く問題なし。動作確認は追って確認します。

とりあえずBootChampは正常に動作しました。

「Snow Leopard」の偽ダウンロードサイトにマルウェア

2009年08月29日
拍手する
ウイルス対策企業トレンドマイクロが、次期Mac OS X「Snow Leopard」を無料提供するとうたうサイトに、悪質なマルウェアが仕込まれている可能性があるとして、最新版の入手を待ちわびているユーザーに注意を呼びかけている。

 トレンドマイクロは米国時間8月26日、ブログ記事で、「OSX_JAHLAV.K」と呼ばれるトロイの木馬に感染させ、DNS設定を変更してしまう偽のSnow Leopardダウンロードサイトが複数発見されたことを明らかにした。

 ブログの説明によれば、このトロイの木馬はDNS設定を変更し、DNSサーバに新たに2つのIPアドレスを追加するという。すると、ユーザーはフィッシングサイトにリダイレクトされてしまい、こうしたサイトの一部は「FAKEAV」と呼ばれる不正なウイルス対策ソフトウェアをホスティングしているとトレンドマイクロは報じている。

みなさんご注意を!!

OSX Tips039 TimeMachineのバックアップ間隔を変更してみよう

2009年08月28日
拍手する
Time Machineのバックアップ間隔を変更するTIPSです。
ターミナルから下記のコマンドを入力すれば変更が行えます。

下記の例では、サイクルを1200秒 (20分) としていますが、600秒 (10分) にすれば、より慎重にバックアップを作成できます。HDD容量とのバランスを考慮して、1800秒 (30分) ぐらいがいいかも知れないですね。

$ sudo defaults write /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.backupd-auto StartInterval -int 1200

※設定を元に戻す場合
$ sudo defaults delete /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.backupd-auto StartInterval

アップル製タブレットの開発、ジョブズ氏自らが指揮?

2009年08月27日
拍手する
WSJは米国時間8月25日、肝臓移植手術とその後の6カ月に及ぶ療養期間を経て戻ってきたJobs氏が、新たなタブレットのあらゆる分野の監督に当たっており、とりわけ広告マーケティング戦略を重視していると伝えた。

Appleの社員は、Jobs氏が同社を離れている間は製品戦略面でも自由に事を進められたものの、いまやJobs氏の厳しいチェックに直面せざるを得なくなっているという。ある事情に詳しい情報筋によれば、Jobs氏の復帰に合わせて「社内では対応を調整することが求められるようになった」と、WSJは報じている。

Appleのタブレットやネットブック、あるいは大型サイズの「iPod」をめぐっては、なうわさばかりで実態がなかなか見えてきませんね。
まあAppleの製品はいつもそうなんですけどね。
今回のWSJの報道がどこまで本当なのか・・・・これもひとつの噂で終わるのか・・・。
あともう少しで真相もはっきりしてくるでしょう。

MacBookデザイン刷新か?

2009年08月26日
拍手する
AppleInsiderによると、今後数ヶ月のうちに、内部アーキテクチャが再構築され、スリムで軽量化が図られた外観デザインへ刷新されるだろうとのこと。

まあ、まさかと思うがタブレットPCとはMacBookの新しいデザインだった!ってことは・・ないな^^。

次世代MacBookは、現在の価格より安価にするため、Intelのプロセッサやアーキテクチャ採用によるコンポーネント・コスト減少や、FireWireなどのインターフェースが省略されるかもしれないと指摘される一方で、他社製品にみられるように、バッテリ寿命は延びるだろうと予想されています。

また、Appleは昨年、MacBookラインの価格を引き下げるために、IntelのAtomプロセッサ採用を検討したこともあるとのことですが、今年はじめ頃、タブレットデバイスの2010年第1四半期投入計画と、Apple TV開発チームの発足を受け、Atom採用計画は却下されたということです。

ますます、わけがわからなくなってきましたね。
いや面白い。ここは色々な情報があって混乱していることを素直に楽しみましょう。

RhapsodyのiPhoneアプリをAppleに申請

2009年08月26日
拍手する
米Real Networksは8月23日、同社の音楽配信サービス「Rhapsody」をiPhoneで利用できるようにするアプリを米AppleのApp Storeに申請することを公式ブログで明らかにしました。

Rhapsodyは8万曲以上を擁する音楽配信サービスで、PCのほか提携メーカーのデジタルプレーヤー、携帯電話、TiVoで利用できます。
料金は定額制で、携帯対応サービスは月額14.99ドル。米Yahoo!は昨年2月、同社の有料音楽サービスをRhapsodyに移行。

公式ブログによると、同社は今週このiPhoneアプリをAppleに申請するとしています。同アプリを利用すれば、Rhapsodyユーザーは既存のユーザー名とパスワードを入力することでPC版とほぼ同じ機能をiPhoneで利用できるようになります。期限付きで無料で試用できるようにする計画ということです。

Appleは現在、iPhoneの機能と競合するアプリ「Google Voice」でもめている最中。
このアプリが審査を通過するのでしょうか?もろに競合する内容なので審査を通過するとは思えないのですが・・・・まあ、アメリカらしいですね。

Mac OS X 10.6 Snow Leopardは8月28日に発売

2009年08月25日
拍手する
090824mac-os-x-snow-leopard_200x212.jpg
Apple Storeに次期Mac OS X「Snow Leopard」(バージョン10.6)に関する項目が表示されました。「出荷予定」として「8月28日にお届け」と記載されており、価格は3300円。


アップルは8月24日、Mac OS X 10.6 Snow Leopardを8月28日発売することを発表。シングルユーザーライセンスは3300円。5ユーザまで利用できるSnow Leopardファミリーパックは5600円。Apple直営店や量販店などで同日より購入できます。

下記バナーからAppleStoreへ。予約開始してますよ。
Mac OS X 10.6 Snow Leopard


また、Mac OS X Server Snow Leopardもも8月28日に発売。無制限クライアントライセンス版が5万3800円です。

Mac OS X 10.6 Snow Leopardの対応環境は、Intel CPU搭載Mac、1GB以上のメモリ、5GB以上の空き容量があるHDD。Mac OS X 10.6 Snow Leopard Server Unlimited クライアントの対応環境は、Intel CPU搭載Mac、2GB以上のメモリ、10GB以上の空き容量があるHDD。

アップル、「Google Voice」排除問題で弁明--App Storeの承認手順も明かす

2009年08月25日
拍手する
CNET Japanより
Appleによると、Google Voiceは排除されたのではなく、単にまだ承認されていない状態であり、この判断についてAT&Tの意見を聞いたことは一切ないという。AT&Tもまた、FCCからの問い合わせに対し、8月21日に同様の回答をしている。

と、いう事でアップルとしては「排除したつもりはな。審査承認がされていないだけだ。」という事なので、可能性としては「あり」ですね。

また、審査に関しては
Appleによると、新しいアプリケーションと既存アプリケーションのアップデートを合わせて、毎週8500本を受理するという。申請されたすべてのアプリケーションを40人が審査し、各アプリケーションについて2人が審査することになる。申請されたアプリケーションのうち80%は、何ら変更を求められずそのまま承認され、95%は2週間以内に承認される。2008年のApp Store開設以来、合計で20万本のアプリケーションおよびアップデートを評価してきた。

毎週85000本・・・5営業日で割ると一日1700本・・・40人で一人1日42.5本、1本について2人ならば85本・・・まじで審査なんかできるのか? 

電話しながらファイルを送れる技術の特許、Appleが出願

2009年08月24日
拍手する
iPhoneで電話をしながら、電話の相手にメッセージやファイルを送信できる技術の特許を、Appleが出願。

 「AUTO MESSAGING TO CURRENTLY CONNECTED CALLER(接続中の相手に自動でメッセージを送る)」と題されたこの特許は、2008年2月に出願。メッセージングアプリケーションとテレフォニーアプリケーションを起動して、モバイルデバイスで電話をしている最中に、接続している相手にメッセージを送ることができる技術だそうです。

Appleはこの技術を開発した背景について、「モバイルデバイスのユーザーが電話サービスを使っている間に、相手にメッセージやファイルを送りたくなることがあるかもしれない。そうした情報を送るためには、いったん電話を切って、電話帳で送り先を探してから、ファイルやメッセージを送らなければならない。このプロセスはユーザーにとって退屈だ」と説明。
この技術は、電話帳に登録されている通話相手の情報を検出するため、ユーザーが電話帳を検索する必要はないということです。

この技術はGSM、GPRS、EDGE、Wi-Fi、WiMAX、Bluetoothなどに対応する。

これ実現すると楽ですね。日本国内の携帯ではできるんでしたっけ?最近触ってないからなぁ・・国内携帯^^;

地図サービス「logearth.net」のiPhoneアプリ無料配信

2009年08月23日
拍手する
FLAMAは、GPSで位置情報を取得し、地図上に移動した軌跡を表示するiPhoneアプリ「LogEarth」の無料配信を開始。
log2.jpg

「LogEarth」は、ログアースのWebサービス「logearth.net」と連携し、iPhoneで取得した位置情報をlogearth.net上に保存・閲覧するアプリ。logearth.netに保存されたデータは、ブログにも掲載できる。アプリはApp Storeからダウンロードできます。

評価が低いところが気になるところ。バージョンアップに期待しましょう。

64bit完全対応のSnow Leopard、実はデフォルト起動は32bitカーネル!?

2009年08月22日
拍手する
64bit完全対応が売り物の次期Mac OS X 10.6 "Snow Leopard"だが、利用中のMacが仮に64bitプロセッサを搭載していたとしても、64bitカーネルでSnow Leopardを動作させることはできないかもしれない。これはハードウェア的な問題、そしてAppleがSnow Leopardに課そうとしている制限によるものだ。

という記事を発見。

9月発売を目標に開発の最終段階に入っているSnow Leopardは、現在工場出荷直前のGold Masterの段階にある。そのGold Master候補の1つ(Build 10A432)をテストしたユーザーらが、Snow Leopardを64bitカーネルで起動できないという現象を多数報告している。調査の結果、Snow Leopardが「デフォルトで64bitカーネルが起動する(Default)」「通常は32bitだが、64bitカーネルでも起動できる(Capable)」「32bitでしか起動できない」という3種類のパターンがハードウェアによって生じることがわかった。

という事です。

詳細はマイコミジャーナル参照してください。

SnowLeopard までもうすぐですね。

アップル、一部「MacBook Pro」のハードドライブ不具合に対応

2009年08月21日
拍手する
Appleは米国時間8月19日、「MacBook Pro」のファームウェアアップデートをリリースした。このアップデートでは、回転速度が7200rpmの500Gバイトハードドライブを搭載する「MacBook Pro」で発生していた問題に対応しています。
問題となっていた現象は、本体からビープ音が聞こえた直後にハードドライブでカチッと音がし、MacBook Proが応答を一時的に停止するというもの。

BlueToothファームウェアのアップデートもきてますね。
一般情報 Bluetooth ファームウェア・アップデート 2.0.1
このアップデートによって、バグが修正され、Apple Wireless Mighty Mouse と Apple Wireless Keyboard との互換性が向上します。このアップデートは、Bluetooth 対応の Broadcom チップセットを搭載するすべての Macintosh システムにインストールされます。

Apple サポートページへ

Apple、「iPhoneが爆発」の報道を調査

2009年08月20日
拍手する
iPhoneが爆発したという欧州の報道について、米Appleが調査を行っているそうです。欧州委員会の広報官が8月18日に明らかに。

EU(欧州連合)内の製品安全を監督する同委員会の広報官によると、Appleは報道されている件は特殊なケースだと説明。

Appleは報道のことは知っていると語ったが、欧州委員会との接触についてはコメントしなかった。ある報道では、フランスの10代の少年が、iPhoneがシューシューという音を発して粉々になり、軽いけがをしたと話している。

「Appleはこれらの件について具体的な情報を入手しようとしており、原因を調べるためにテストを実施する予定だ」と発表

だがApple欧州法人の広報担当者は、「報道されていることは知っており、顧客からiPhoneが届くのを待っているところだ。詳しい情報が出そろうまでは、それ以上言うことはない」と語っている。

なんかよくわからないニュースですね。

Wikipediaの公式iPhoneアプリ登場

2009年08月19日
拍手する
Wikipediaの公式iPhoneアプリ「Wikipedia Mobile」が登場。App Storeから無料でダウンロードできます。

同アプリではWikipediaの閲覧・検索が可能で、閲覧履歴も確認できます。
現状英語モードのみで、日本語での検索には対応していません。Wikipediaは、ユーザーの要望に応じて機能を追加していくとしています。早く日本語対応してくれるといいですね。
ah_wikipedia.jpg

アップルの音楽関連イベントは9月9日 タブレットの発表はなし

2009年08月18日
拍手する
CNET Japanより
Appleの毎年開催する音楽関連イベントが、2009年は米国時間9月9日に開催される予定だ、とAllThingsDが伝えている。

 同イベントの開催が9月7日の週になるという報道はこれまでにもあったが、情報筋がAllThingsDに語ったところによると、開催日は9月9日になり、内容は音楽に関連したもので、タブレットの発表はないという。

 もし、この日程が本当ならイベント開催が水曜日となり、このようなイベントは火曜日に開催するというAppleの習慣から外れることになる。また、この日程は、The Beatlesの楽曲がようやくiTunesに登場するといううわさに信ぴょう性を与えることにもなる。9月9日は、同バンドがビデオゲーム「Rock Band」に登場する日として既に発表されている。

タブレットの発表がないとすれば、もう発表のタイミングが遅くなり意味がなくなるような・・・・やっぱりタブレットそのものがガセだったのか?う~ん微妙。

iPhone用サーバーアプリ「ServersMan」の最新版が公開されました

2009年08月18日
拍手する
ネタ的にはちょっと遅いかも知れませんが・・・
フリービットは15日、iPhoneおよびiPod touchをサーバーとして利用できるアプリケーション「ServersMan@iPhone」の最新版「ServersMan@iPhone 3.0β」を公開しました。無料です。App Storeからダウンロードできる。

「ServersMan@iPhone 3.0β」では、「iPhone OS 3.0」で対応したBluetoothによるP2P通信機能をサポート。従来のインターネットまたはVPN経由によるファイル転送に加え、Bluetooth機能を利用したiPhone同士でのP2P通信によるファイル転送が可能になっています。
動画撮影が可能なiPhone 3GSの場合は、撮影した動画ファイルの公開や転送にも対応。

また、ServersManの「Music」フォルダに保存した楽曲に加えて、iPodライブラリへのアクセスにも対応。音楽プレーヤー機能「ServersMan Music Player」を使って、iTunesから転送したiPodのプレイリスト楽曲の再生が可能になっています。

 このほか、アプリケーションへのアクセスをプッシュ通知する「告知機能」、保存したファイルをメール添付で送信できる機能を追加。このほか、操作画面のユーザーインターフェイスを6種類のデザインから変更できるようにもなりました。

ServersMan過去記事

アップル製タブレット、搭載されるプロセッサは?

2009年08月17日
拍手する
CNETによると・・・
アップル製タブレットに搭載されるCPUで、可能性の高いものは何?という記事があったので紹介しておきます。(そもそもタブレットの真偽は不明ですが)

Appleの「ARM」シリコンを搭載した「iPod」およびiPhoneの大型版。これは、Intel製シリコンよりもずっと可能性の高いシナリオだろう。
「iPhone 3GS」は現在、報道によれば600MHzで動作する、サムスンのARMプロセッサを使用している。Appleがこの設計をタブレット向けにどう微調整するかについては、憶測の域を出ないため、今回は大胆な推測をするのは控えようと思う。
チップ設計を手がけるP.A. Semiの買収やiPhoneの成功により、Appleの内部では、Intelベースの設計よりもARMベースの設計の方により多くの知的資本を投資している、と言うにとどめておこう。そして、iPhoneのARMプロセッサに「Apple」と刻印されている事実も、見過ごしてはいけない。
1つだけ、大胆な推測を述べておこう。それは、QualcommのARMをベースとする1GHzの「Snapdragon」プロセッサに類似した、より高速なプロセッサだ。サムスンとテキサス州オースティンに拠点を置くIntrinsityは先日、iPhone 3GSに現在搭載されているプロセッサに似た1GHzのチップを共同開発したと発表した。そして、これはQualcommが「スマートブック」向けに売り込もうとしているのと同種のプロセッサである。スマートブックには、ネットブックとタブレットの両方が含まれるのかもしれない。
 グラフィックスについては、英国に拠点を置くImagination Technologiesが、iPhoneのARMシリコン内部の「PowerVR」グラフィックスコアを供給していることくらいしか、はっきりしたことは分からない。また、AppleはImagination Technologiesへの出資比率を9.5%に拡大し、同社に大きな関心があることを示している。

という記事を見つけたのですがどうなんでしょうかね?毎度の事ながら本物が出るまでの噂ゲームは面白い。最後の答えは何になるのか?楽しみに待つことにしましょう。

第3世代iPod touch カメラ付き画像

2009年08月16日
拍手する
「第3世代iPod touch」はカメラを搭載している可能性があることが、リーク画像で明らかに?
MacRumorsより
152021-third_gen_touch_1_500.png
このデバイスは「耐久性のテスト用のもの」としているため、最終的に製造される製品とは若干違いがあるかも。
iPod touchを含むiPodの新製品の発表は、例年9月に開催される「メディアイベント」で行われます。
正式には発表されていませんが、今年9月7日の週との情報があり、現地時間火曜日の9月8日(日本時間翌朝)に開催される可能性が高いと考えられます。

アップル、9月第2週にイベントを計画か

2009年08月15日
拍手する
CNET Japanより
Appleが「iPod touch」と「iPod nano」を含むiPodラインの全面的なアップグレードを発表することは、まず間違いないらしい。
また、iPod touchにはカメラとデジタルコンパス、マイクが搭載されるとうわさされている。ほかの手がかりから判断すると、iPod nanoにもカメラが搭載されるかもしれないとのこと。

Apple製タブレットを、同社がこのイベントで発表するのかについては、2009年秋から2010年初頭にかけて、実質的には巨大なiPod touchである10インチのタッチスクリーンデバイスが発売されるみたいです。
このタブレットは、おそらく「Cocktail」と呼ばれる新しいアルバムフォーマットを通して、音楽的な要素を内包するものになるとうわさされている。
Appleが音楽を主題とするイベントで同タブレットを発表するという話には、信憑性があるようですね。

どうやら本当に出そうな気配・・・しかし、いまいちメリットが見えてこない。あと一ヶ月以内にははっきりするだろうから、じっと待ちます。

Appleが開発中と噂の「iTablet (仮名)」が実際に動いている動画が公開?

2009年08月14日
拍手する
Appleが開発中と噂の「iTablet (仮名)」が実際に動いているところを撮影したとされる動画が公開されているようです。これって本物なのでしょうかね?
10"インチとされるより広い画面で、iPhoneのアプリを複数起動でき、それぞれのアプリがウィンドウのように移動・配置できるようです。

よくできたファイクという話も出ているので、真偽はまったく不明です。
"Appleが開発中と噂の「iTablet (仮名)」が実際に動いている動画が公開?" の続きを読む

アップル、「Safari」「AirPort」「Multi-Touch」のアップデートをリリース

2009年08月13日
拍手する
Appleは米国時間8月12日、「Safari」ブラウザ、「AirPort」クライアント、「Multi-Touch」トラックパッドに対するアップデートをリリース。
「Safari 4.0.3」では安定性やセキュリティを改善。AirPortクライアントのアップデートは、「Mac OS X Leopard 10.5.8」を搭載した一部MacBookシリーズを、「Multi-Touch Trackpad Update 1.1 for Windows」は、「Boot Camp」を用いて「Windows XP」や「Windows Vista」をインストールしているユーザーを対象としているそうです。

ダウンロードサイト

アップル、15" MacBook Proに非光沢ディスプレイ・オプション

2009年08月12日
拍手する
アップルは8月12日、MacBook Pro 15インチ・モデルのBTOに「非光沢ワイドスクリーンディスプレイ」を追加。オプション価格は5,460円となっています。

従来のディスプレイは一部のユーザーから蛍光灯や太陽光などの反射・映り込みが気になるという声が出ていた。
アップルは今年1月に発表したユニボディのMacBook Proの17インチ・モデルに非光沢ディスプレイ・オプションを用意。これが今回、15インチ・モデル(解像度1440×900ピクセル)でも選択可能になった。

なお標準のクリアワイドスクリーンディスプレイ(光沢)は黒枠で囲まれているが、非光沢ディスプレイを選択した場合はフレームがシルバーになる。

iPhone 3GS HOME画面のカスタマイズ3-2

2009年08月11日
拍手する
【JailBreak必須】
前回の続きになります。今回は天気予報の地域の変更をします。
weather.png
ちょっとおさらいで、対象ファイルはコピーしてありますか?
ない場合は、iPhoneにアクセスしてファイルを抽出してみましょう。今回の対象ファイルは
root/private/var/stash/themes.●●●/weather clock 2.3 HK. theme/waidgets/configs
の下にある[weather-config.js]です。PCにコピーしてください。
"iPhone 3GS HOME画面のカスタマイズ3-2" の続きを読む

iPhone 3GS HOME画面のカスタマイズ3-1

2009年08月10日
拍手する
【JailBreak必須】
Dockの上にある赤枠内の天気予報と時計表示してみましょう。
newJbreak clock
これはベースの変更は簡単です。[Weather clock 2.3 HK]をCydiaからインストールしてWinterBoardで反映させるだけです。しかし・・・・・
"iPhone 3GS HOME画面のカスタマイズ3-1" の続きを読む

iPhone 3GS HOME画面のカスタマイズ2

2009年08月09日
拍手する
【JailBreak必須】
今回は赤枠内のページインジケーター(正式な名称はあるんですかね?)を変更してみましょう。
ApDot.png
"iPhone 3GS HOME画面のカスタマイズ2" の続きを読む

Apple ネットブックの情報がiPhone OS 3.1 SDK内にあった!

2009年08月08日
拍手する
アップルが開発中の正体不明のネットブックデバイス(iProd?)が、完成してつかもに引き続き、iPhone OS3.1 SDK内にも情報が含まれていた!
iponew.png

「iPhone OS 3.0 SDK」のシステムファイルの中から「iProd0,1」という表記の新モデルの存在が明らかになっていてたのですが、そのバージョンNoが「iPhone OS 3.1 SDK」最新ベータ版の中で、「iProd1,1」というバージョンになっています。
このバージョンNoは開発完了で発売の準備を整えた正式製品モデルを意味するということで、もう発売が目前に来ているのでは!という情報が流れています。

この謎のデバイス「iProd1,1」は、システムファイル上、iPhoneと同じ「StandardMuxPTPEthernet」という表記も付されており、どうやら標準で何か高速通信をサポートするネットワーク環境を整えてるみたい。

これって何?大型のiPhone??? どうやらMacBookというかネットブック路線ではなく、iPhone路線のデバイスっぽいですね・・・
早く正式発表しないかなぁ・・・そんなのありませんよって落ちもまだあるかwww

OS Xのアップデート版としてバージョン10.5.8をリリース

2009年08月07日
拍手する
最近情報が遅れ気味で申し訳ないです・・・・

OSX 10.5.8では「AirPort」ネットワークに接続する際の互換性と信頼性、「Display System Preferences」の設定、Bluetoothの信頼性などに関する問題が修正されているそうです。

また、検索履歴の正確性を高めた「Safari 4.0.2」へのアップグレード。カメラから容量の大きい写真や動画のファイルをインポートするための修正。「iCal」「iDisk」「MobileMe」「AFP」「Managed Client」「Sync Service」 の信頼性向上。サードパーティー製カメラで撮影されたRAW画像のサポート強化。外付けUSBドライブを対象とする互換性の改善。が含まれているようです。

私としてはBluetoothの信頼性向上が一番ありがたいのですが、まだアップデートしてません。
Bluetoothについては色々と大変な思いをしてきましたが、今回はどうなんでしょうかね・・・
"OS Xのアップデート版としてバージョン10.5.8をリリース" の続きを読む

iPhoneのARアプリはOS 3.1で解禁・・9月以降か?

2009年08月06日
拍手する
これはまた面白い試みです。
iPhone 3GS用 ARアプリがApp Storeで入手できるのは9月以降になりそうです。
現状のApp Storeで配布できないのはリアルタイムのカメラ映像上に重ね合わせるための手法をアップルが認めていないため。しかし近くの駅発見アプリ Nearest Tube / Nearest Transportを開発する acrossairによると、アップルはiPhone OSの次期アップデート OS 3.1からこのAPIを導入する予定であるとのことです。
nearest-tube.jpg
"iPhoneのARアプリはOS 3.1で解禁・・9月以降か?" の続きを読む

イー・モバイルの「D31HW」、Mac OSで接続不能になる不具合

2009年08月05日
拍手する
イー・モバイルは8月4日、7月21日に発売した受信最大21Mbpsのデータ通信が可能なスティック端末「D31HW」について、ソフトウェアの不具合によってMac OSで接続不能になる事象が発生すると発表。
D31HW.png
D31HWをMac OSで利用した場合、ブラウザの動作が遅くなり、その後接続不能になるそうです。

 不具合の解消時期は未定。このためイー・モバイルでは当面、Mac OSで利用するユーザーに対してはD31HWの販売を中止する。
"イー・モバイルの「D31HW」、Mac OSで接続不能になる不具合" の続きを読む

Appleのネットブックは完成している

2009年08月05日
拍手する
Appleのネットブックについては何度も話題にしていますが、どうやらすでに完成しているようです。
apple_netbook.jpg
デザイン等はまったく不明・・これも誰かが作ったフェイク画像だと思われます。

以下CnetJapanより
匿名ではあるものの、ある「ベテランのアナリスト」が、うわさのAppleの「スレート状の」PC(大型のiPod touchと呼んでもよいだろう)を実際に見て触れることができたと伝えられているのだ。Barron'sの情報筋によると、新製品は9月に発表後、11月にリリース予定であり、699ドルと799ドルの間の価格帯で発売されることになるという。すでに以前にも伝えられたが、このタブレット(Appleがなんと命名するかわからないが)は開発が完了し、同社最高経営責任者(CEO)のSteve Jobs氏からの最終的な承認を待つ段階にあるようだ。

この新製品に関する具体的な詳細について、匿名のベテランアナリストからは、実際に手に取ってみた感想として「特に高解像度(HD)ビデオの再生が印象深い。手に取って眺める映画の視聴スタイルでは、一般的に現在出回っているものよりも優れている」という一点のみが伝えられている。

という事だそうです。さらにゲーム機としても想定されているようなのですが・・・いまいちイメージがわきません。
あと1~2ヶ月なのでじっくり待ちます。また衝動買いするかもですwww。

iPhone 3Gが発火、シートへと燃え広がる

2009年08月04日
拍手する
iPhone OS3.01が出てますね・・・この話題は他にいくらでもあるので違う話題を。

オランダのユーザーが、iPhone 3Gが発火し助手席のシートが燃えたと、主張。証拠とされる写真を公開。
ip_burn.png
iPhone 3Gを助手席に残して車から離れ、2,3分後に戻ると車内がが黒い煙で充満していたそうです。
このiPhone 3GはBELKINのハードケースに入れられ、スタンバイ状態になっていたとのこと。

AppleとキャリアのT-Mobileへ連絡したものの、両社とも責任を認めていないとのことです。

この時期のオランダがどれくらいの外気温で、車内温度がどれくらいなのかは分かりません。主張している2,3分は多分おかしいと思いますが・・
条件によっては(車のウインドウがレンズ上になってたまたまiPhoneに焦点があってたとか・・)ありえるかも知れませんね。
まあ、いずれにせよ真偽は分からないので、皆様気をつけましょう。

MobileMeとiPhoneの連携がパワーアップ

2009年08月03日
拍手する
idisk_icon.png
 iDisk(無料)


idisk.png
このアプリによってiPhoneとMobileMeの連携がさらに強化されました。
iDiskがダイレクトに見れるようになってよい感じ。


iDiskを使うにはMobileMeのアカウントが必要となります。60日間のトライアル、もしくは1年間分の『アクセス権 』を購入する必要があります。
MobileMeの詳細は下記バナークリックで

"MobileMeとiPhoneの連携がパワーアップ" の続きを読む

アップル、2テラバイトの「Time Capsule」を発売--価格は据え置き

2009年08月02日
拍手する
 Appleは、802.11nルータ機能とNASドライブ機能を備えた「Time Capsule」に新しく2テラバイトモデルを追加した。価格は499ドル。
time2T.png
Appleはまた、これまで499ドルだった1テラバイトモデルの価格を、299ドルに引き下げた。ハードドライブ容量が強化された以外では、特に変更は見られない。

 Appleがこれまで提供していた500Gバイトモデルはラインアップから消え、整備済製品として199ドルで販売されているのみとなっている。

CNETより
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。